自分がすそわきがだと思っていませんか。また、加齢臭が気になっている人も多いかもしれません。年を重ねていくと、体内でノネナールという物質が増えてしまうために、加齢臭が発生してしまいます。

では、すそわきがはどうして起こるのでしょうか。人間の体内には汗腺があります。汗腺には、2種類あって1つはエクリン腺、もう一つはアポクリン腺といいます。エクリンはあまり不快な臭いがしなくて良いのですが、アポクリン腺から出る汗は雑菌が繁殖しやすいために、嫌な臭いが発生しやすいです。汗対策や雑菌対策をすることで、嫌な臭いを抑えることができます。

すそわきがと加齢臭は、一見関係ないように見えますが、実際は同じような対策で対応できます。体内で発生するノネナールは、汗や皮脂と一緒に体外へ出て嫌な臭いを発しますから、汗対策をしましょう。すそわきがは、脇の下ではなく、陰部の嫌な臭いのことですので、あまり下着やボトムスなどで通気性の悪いものを履かないようにした方がいいです。

加齢臭も汗対策が必要です。特に、背中の後ろや頭部など汗腺が多い場所の対策が必要です。ノネナールは、簡単に落とせないので、加齢臭対策用の石鹸やシャンプーなどを使って洗いましょう。ノネナールを洗い流すだけではなく、抗菌作用などがあるので、臭いを抑えることができます。どちらも菌の繁殖を抑える必要があるので、両方とも悩んでいるのであれば、抗菌作用も含めて対策すると良いでしょう。